FC2ブログ

Profile

Yukes

Author:Yukes
FC2ブログへようこそ!


Latest Edit


New Comments


New Trackbacks


Monthly Archive


Category


Access Counter


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銚子の旅19

銚子の旅18

大好きな海の写真を今夜はアップ。先日銚子にいったときの犬吠埼の海。

今日はとても忙しかったので、この海の写真をみて、ちょっとほっとする、そんな時間。昨夜は熱を出して寒くて寒くて仕方なかった。今日は店に来れるかなと思ったが、今日は新しい冷蔵庫、商品があちらこちらから届き、昨日から続いていた取材があったので、這ってでも来なければいけなかった。ウチのひとは朝早くに出張に出かけて行ったが、熱を出した私を心配して、解熱剤をテーブルに置いて行ってくれた。その彼は今夜は出張ついでに実家にお泊まりだ。私はひさしぶりにひとりである。咳もちょっとひどいので、ちょうどウチのひとに移らなくていいのかもしれない。

昨日は私が大使館で働いていた頃にとてもお世話になったとある高校のたかはし先生が私の大学の先輩を連れて、お酒の飲みに来てくださった。あの頃からおつきあいが続いている方はあまりないが、いまだに忘れずにこうやって私を訪ねて店に来てくださるのは本当に感激だ。

いつもいつもご近所のあつこさんやとしこさんに励まされて、やはり毎日私は店をやっている。本当にいろいろな人に支えられて感謝している。だから、熱のひとつやふたつで負けてはいられない。あすもがんばろう。

今日は私の父が亡くなった命日である。もう23回目を迎えた。そしてたまたまなのか、今朝の夢には父が登場した。なんだか不思議な気がした。でも、久しぶりに元気そうな父に会えて嬉しかった。

昔からとても不思議なのだが、私はたまたまその人のことを思ったり、どうされているかな、と思うとその人が不思議と電話をしてこられたり、事務所やお店に来られるのだ。昨夜ご来店下さったたかはし先生は、たまたまその30分位前に書類にお名前をたまたま見かけ、どうされているかな、と思ったらお電話があったので、びっくりした。この所、またこういうことがかなり続くので、あまり念じちゃだめよ、と云われている。でも、不思議だけど、会いたい方がたまたまみえると本当にうれしいものである。

さ、今夜はこの辺にしてそろそろ帰ろう。



スポンサーサイト
銚子の旅1

銚子の旅3


銚子の旅4

銚子の旅5

銚子の旅6

銚子の旅7

銚子の旅9

銚子の旅8

銚子の旅10

銚子の旅11

久しぶりに晩御飯の後にライオンのハワイアン・コーヒーを入れて飲んでいる。もう既に冷たくなっているコーヒー。そして、映画の”めがね”を観ながら、ウチのひとはカウチの上でいつもの通り寝てしまった。

映画”かもめ食堂”も大好きだったが、この”めがね”もいい。南の島で海をみながら、ただひたすら黄昏れるのである。どのキャラクターもみんないい味を出している。こういう映画を観ていると私もあったかい南の島でぼぉ~っとたそがれたくなる。

さて、先週からお店ではいろいろとあって、落ち着かなかったが、また以前のように私はひとり頑張っている。手伝ってもらっていた手がなくなったが、元に戻ってひとりになっただけだから、きっと大丈夫、そうウチのひとは一言云ってくれた。ウチのひとの言葉が先週も何度私を力づけてくれただろう。ときどき家族を力強く守ってくれる彼がとても頼もしく思える。10年かけてやっとこんなことが判った自分がなんだかやけにちっぽけに思われる。

今日の写真たちは先日そのウチのひとと出かけた千葉の銚子の様子。廃線になりかけたかわいい銚子電鉄の駅舎や一両編成のオレンジとブルーの列車、のどかにたたずむ銚子の猫たち、特上醤油で有名なヤマサ醤油の会社で食したしょうゆのソフトクリームなど、晴れた休日が特上の思い出となった。ちなみに私がいただいたのは、バニラカップの特製しょうゆソース(右)、そしてウチのひとが食したのはしょうゆソフトクリーム(左)。なかなか美味だった。

そうそう、ウチの店のサーティ・フェアビュー・アベニューでは、春物のお洋服やアーティストによるちょっと素敵なアクセサリー、色々な種類の紅茶や食品などが続々入荷中。来週も展示会に行くので、またまたいろんな商品が入荷します!是非お楽しみに!
Choshi tabi1

Choshi tabi2

Choshi tabi4

Choshi tabi5

今日、私の誕生日を覚えていて店を訪ねてきてくれた高校生のももちゃん、あいりちゃん、ありがとう。本当に嬉しかった...。ワインで乾杯してくださったあつこさん、そして、体調があまりよくないのに、娘の生まれた日を覚えていて電話してくれた母に感謝。

一年で一番寒い日の筈の大寒の日、今日は東京は20度近くまで気温が上がって暖かい1日だった。昔から私が一年で一番寒い日に生まれたのよ、といってきた母をびっくりさせたような暖かさだったのではないだろうか。

そして、私のことを、そして私の誕生日を気にかけてくれて、先週末食事に連れ出してくれたり、今夜は食事を作ってくれたり、かわいい花束や私の好きなリキュールをプレゼントに買って帰ってきてくれたウチのひとに、なによりも感謝。本当にありがとう。

今夜の写真は先日そのウチのひとと出かけた晴れた日の銚子(犬吠崎)の海の風景。本当に澄み渡った青い青い空だった。
aizu town 4

aizu town 5

aizu town 6

aizu trip 7

aizu town 7

aizu town 8

aizu town 11

aizu town 12

aizu town 14

aizu town 15

今日も無事にサーティは営業を終えた。今から帰るところなのだが、なんだかブログをアップしたくなってパソコンの前に向かっている。昨年暮れの会津への旅の写真を何枚かアップしようと思う。会津の七日町(なぬかまち)辺りを撮った写真たちだ。雪で歩くのは大変だったが、なかなか味わいのある町だった。

今日もお越しくださったお客さま方に感謝して、帰ろう。それにしても寒い。今週はひどい寒波がやってきている。

雪の城と白い景色

tsurugajo castle 1

tsurugajo castle 2

tsurugajo castle 3

tsurugajo castle 8

tsurugajo castle 9

tsurugajo castle 10

tsurugajo castle 4

tsurugajo castle 5

tsurugajo castle 6

tsurugajo castle 7

今日は会津の鶴ヶ城を訪れたときに撮った写真たち。下から二枚目の写真の碑には若松城跡とあるが、城というのは時代によって呼び方が変わるらしい。そこここに人影が写っているのはウチのひとが前を歩く様子。雪の鶴ヶ城はとても美しかった。
aizu trip 1

aizu trip 6

aizu trip 2

aizu trip 3

aizu trip 4

aizu trip 5

今日は会津で出会ったレトロな乗り物たちの写真をアップする。

一番上の”ロンドン・タクシー”と呼ばれる会津で走る素敵なタクシー。郷土料理のお店で食事をするため、ホテルに私たちを迎えにきてくれた。 バスの方は会津のまちなか周遊バスの”ハイカラさん”。雪の中をけなげに走ってくれる乗り物たちだ。

また、いつか素敵なレトロな街、会津に行ってみたいなあ。
冬の旅1

冬の旅2

冬の旅3

冬の旅4

冬の旅5

冬の旅6

雪景色1


冬の旅12

冬の旅7

冬の旅8

冬の旅8

冬の旅9

冬の旅10

冬の旅11

あっという間に新年も4日目。昨年暮れから背中に痛みが走り、その痛みが今年に入って二度私を苦しめた。昨夜はウチのひとが関西から帰ってきたのだが、食事の後からじりじりとその痛みが始まり、何時間もその痛みが私を苦しめた。生まれてからいろんな痛みがあったが、この痛みは本当にきつい。今日は病院に行って診てもらうようにウチのひとが云っていったが、その痛みもあって起き上がれなかった。

また、年賀状を追加で印刷をし、さっきまで一枚一枚宛名とコメントを書いていた。やはり背中は少し痛い。夜になると痛みだすので、また夜が怖い。

ウチのひとから電話があり、早速今夜は新年会だそうだ。帰ってくる前にいろいろと済ませてしまいたい。

店は1月8日からオープンすることにしているが、だんだん店が恋しくなってきた。7日はまどちゃんと福袋と棚卸しの続きをしたいと思っている。

オープンするまでに昨年一年の疲れを取り、ゆっくり休んで、また元気でお客さまとお会いできればと願っている。

そろそろ洗濯物を入れてたたまなければ。

昨年の暮れ、ウチのひとと訪れた新潟、喜多方、会津方面を旅した。一番雪の多いときに旅したので、一面雪だった。沢山の写真があるので、今日は東京から新潟まで乗った夜行のムーンライトえちご、その新潟から乗ったSLばんえつ号の特別列車のSLクリスマス号からその車窓、会津までの途中で降りたラーメンで有名な喜多方で撮った写真を載せようと思う。

あちこちの雪の中で何人ものカメラを抱えたひとたちがいたが、私たちが乗っていたSLクリスマス号を撮りにきたひとたちだった。そのSLの黒い煙はもくもくと車窓を駆け抜けていった。あとでホテルのタオルで顔を拭いたウチのひとはその白いタオルが真っ黒になったのを教えてくれた。昔のひとはこうやってSLに乗って顔を真っ黒にしていたのだろう。白い雪と黒いSLの煙のコントラストが面白かった。



scene from home 3

お正月の景色

scene from home 2

明けましておめでとうございます!

紅葉だ、クリスマスだ、と思っていたらいつの間にか新年...。早すぎる...。

ということで、ウチのひとは昨日の大晦日から帰省し、私は東京に残って店で仕事をしていた。年末で棚卸しもしないといけなかったので、スタッフのまどちゃんに手伝ってもらいながら、ひとつずつ仕事をこなしていたのだ。

今年は元旦から福袋を売っているところも多いみたいで、ちょっと買い物にも出かけたい気分だが、なによりも私は年賀状が書けていなかったので、昨年の暮れに作っておいた絵とあいさつ文を全部プリントし、一枚ずつコメントと宛名を書いていったのだ。しかも、洗濯をその合間にしていた。

大晦日、お正月をひとりで過ごすのはちょっと寂しい気もするが、そんなことを云っている場合ではない、やること山積みだし、疲れているし、なによりも時にはひとりで過ごしたいときがあるのだ。ひとりだとご飯もてきとーだし、文句も言われないし。ま、たまにはいいか。ウチのひとも実家で水入らずで過ごせばいいのだから。(ほんとにたまにはひとりはいいなあ~!)

ということで、年賀状は今のところ全部やり終え(なかなか頑張ったじゃん!)、少しずつ今度は片付けに入らなければ。年末は忙しかったので、大掃除もできなかったし、ウチのひとが帰ってくる前に少しでも片付けておかないとうるさいだろうし、ちょっとはやっておくかな。(明日が勝負だ...。)

年賀状を一気に書いていたので、両肩が一気に凝ってしまった。ゆっくりお風呂でもはいるかな。

ということで、今日の写真は元旦の今日のベランダからと玄関からの景色。寒くて晴れた日だったので、くっきりと景色が綺麗だった。東京タワーもくっきりと浮き上がっていた。






Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。